コレステロール 下げる

コレステロール 下げる  F

コレステロール 下げる

コレステロール 下げる  F

 

超悪玉コレステロールとは?

 

超悪玉コレステロール(small denseLDL)とは、悪玉コレステロール(LDL)よりも動脈硬化を引き起こす可能性の高いコレステロールであり、悪玉コレステロールよりも粒子が小さくなっています。
「悪玉」以上に怖い「超悪玉」は、どのように増えるのでしょうか。
また、予防できるのでしょうか。
超悪玉コレステロールが怖い理由

 

超悪玉コレステロールが心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすいのは、超悪玉の粒子の小さいことにも理由があります。
粒子の小さい超悪玉コレステロールは、血管内壁に簡単に入り込みやすく、血管を詰まらせやすいのです。

 

また、コレステロールは血液とともに体中をめぐり、肝臓に戻ってきます。
しかし、超悪玉コレステロールは肝臓に取り込まれにくく、何日間も血管に存在して、血管にダメージを与えてしまうのです。
超悪玉コレステロールができる理由

 

超悪玉コレステロールは悪玉コレステロールが小型化したものです。
中性脂肪が過剰になると、コレステロールの居場所がなくなり、小型化してしまうのです。
そのため、中性脂肪が多い人や血圧が高い人、血糖値の高い人、HDL値の少ない人などに超悪玉コレステロールが作られやすいとされています。
超悪玉コレステロールの予防法

 

LDLコレステロールは肝臓で作られます。肝臓が正常に働かなければ、超悪玉コレステロールができやすくなってしまいます。
肝機能を低下させないように、アルコール・タバコは控えるようにしましょう。

 

中性脂肪が過剰になると超悪玉コレステロールが作られやすいことから、中性脂肪を減らすことが大切です。
脂質や糖質は中性脂肪になってしまうので、摂取量に気をつけるようにしましょう。

 

家族が狭心症や心筋梗塞を発症したことがある場合には、特に注意が必要です。